読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆうれい読書通信

幻想文学、ミステリ、SFなど

高橋 源一郎 さようなら、ギャングたち / ジャネット・ウィンターソン 灯台守の話

高橋 源一郎 さようなら、ギャングたちさようなら、ギャングたち (講談社文芸文庫) 真摯に生み出される冗談のような言葉。はじめはあーブローティガンだなーとか苦手なタイプかもとか思いながら読んでいたのが、段々頭の中が静かになった。分からないけどえ…

ロブ=グリエ 消しゴム

消しゴム (光文社古典新訳文庫) 殺人の捜査のために派遣されたヴァラス、しかし遺体も犯人も見つからず、ろくな証人はいない、警察署長にもあまり相手にされない。ほしがっている高級消しゴムも見つからない。というなんとも悲しい状況のままぐるぐると街を…

光嶋 裕介 幻想都市風景 / ジョン・クロウリー エンジン・サマー

光嶋 裕介 幻想都市風景幻想都市風景 珍しく画集など。人の気配があまりしない都市・建築の絵は好き。まわりに生きた他人がたくさんいるのは煩わしいが、全く人の手が入っていない自然の中は不安・寂しい、というダメっぷりを許容してくれますし…。 この『幻…

R.A.ラファティ 昔には帰れない / L・T・フォークス  ピザマンの事件簿 デリバリーは命がけ

R.A.ラファティ 昔には帰れない昔には帰れない (ハヤカワ文庫SF) 初ラファティ。作品紹介によると「SF界のホラ吹きおじさんの異名を持つ鬼才ラファティ」だそうですが、この短篇集はそんなにSF分ないような。二部構成で、Ⅰ部とⅡ部では編者が違い、収録作品の…

アストリッド・リンドグレーン ミオよわたしのミオ

ミオよわたしのミオ (岩波少年文庫) おなじみの岩波少年文庫、思い返すと実際に子供のころに読んだ作品は意外に少ない。くまのプーさんやクローディアの秘密はよく読んだものですが、ドリトル先生やメアリー・ポピンズを読んだのは確か中学生になってからだ…

ウォルター・デ・ラ・メア 九つの銅貨

九つの銅貨 (福音館文庫 物語) 詩人であり、幻想文学の書き手であり、児童文学も多数のこしているウォルター・デ・ラ・メア。少し前に創元推理文庫の復刊フェアで『死者の誘い』が出てましたね。今積んでます。読むの楽しみ。 この『九つの銅貨』はジャンル…

グレッグ・イーガン 万物理論

万物理論 (創元SF文庫) 初イーガン。ハードSFって言うんでガチガチの理系よりSFなのかなと思っていたけど、人文学的な面もかなり強い。バイオテクノロジー、通信技術などのSFガジェットはあれこれと描かれるが、自己と世界の関わり、人間性という主題がはっ…

一言感想まとめ

ウィリアム・アイリッシュ 『幻の女』幻の女 (ハヤカワ・ミステリ文庫 (HM 9-1)) 適度な緊迫感とスピードで読ませる、お手本のようなストーリー展開。よく出来たサスペンスミステリです。しかし今この作品が評価され続けているのは、プロットの面だけではな…

ミハル・アイヴァス もうひとつの街 / セバスチャン・ジャプリゾ シンデレラの罠

もうひとつの街 プラハの古書店で手にとった本には見たこともない文字が書かれていた。その本を購入して以降、主人公はプラハの街の不思議なもう一面を見ることになる。古風なファンタジーを思わせる滑り出しだけど、繰り出されるイメージと文章はかなりシュ…

夢野久作 ドグラ・マグラ / パーシヴァル・ワイルド 悪党どものお楽しみ

ドグラ・マグラ ぐっと引きずり込まれる冒頭部から、独特の言葉遣いと擬音語の多さが生むリズム感と、事件の真相がいつ明かされるかへの興味が先へ先へと引っ張っていってくれます。奇書やら読んだら気が狂うやら言われている作品ですが存外リーダビリティい…

一言感想まとめ

アガサ・クリスティ ゼロ時間へゼロ時間へ (クリスティー文庫) 殺人が起こる決定的な「ゼロ時間」。その前には様々な出来事が積み重なった結果、その瞬間へつながっていくはず。その過程を描くミステリが本作、ということになります。クリスティの他の作品で…

一言感想まとめ

ジェラール・ド・ネルヴァル 火の娘たち火の娘たち 各短編の題名が女性名ばかりなのからも分かるように、基本主題は失われた恋で、一見ごく素朴なロマンスで構成されているように見えるけど…。「シルヴィ」や「コレッラ」の印象に引きずられているのかもしれ…

アルジャーノン・ブラックウッド 人間和声 / ポール・ギャリコ 幽霊が多すぎる

人間和声 (光文社古典新訳文庫) 夢見がちな青年、スピンロビンは“勇気と想像力ある秘書求む。当方は隠退した聖職者。テノールの声とヘブライ語の多少の知識が必須”という謎の求人に応募し、山奥の屋敷に住み込むことになる。雇い主のフィリップ・スケール は…

アーシュラ・K. ル=グウィン   コンパス・ローズ

コンパス・ローズ (ちくま文庫) ル=グウィンのSFを読むのは二冊目。前に読んだのは『なつかしく謎めいて』。短篇集好きなのでつい短篇集に手を出してしまう。ハイニッシュサイクルもそのうち読まなくては。 この『コンパス・ローズ』は70年代あたりの作品が…

吉屋 信子 わすれなぐさ / ジョン・ファウルズ マゴット

わすれなぐさ (河出文庫) 女学生三人の友情の行方を描く少女小説。昭和初期の作品なので大正浪漫の香りが。少し擬似恋愛めいた雰囲気を漂わせる人間関係がおいしいです。ありがとうございます。 キャラクターとしてはやっぱり陽子ちゃんの自由奔放ぶりに目を…

一言感想まとめ

ジョージ・オーウェル 一九八四年 一九八四年[新訳版] (ハヤカワepi文庫) いつか読もうと思いつつずるずると先延ばしにしてたのをようやっと読んだ。希望のないストーリーながらシンプルな構成と筆致は思いの外読みやすい。特に第三部~ラストはそれまで淡々…

オトフリート=プロイスラー クラバート / ジャン・コクトー 恐るべき子供たち

クラバート 古い伝説をもとにしているだけあって、力強い物語と死の暗い影、そして神秘性に魅了される。今読んでも十分以上に面白かったけれど、いい意味で、子供の頃に読んでいればと思った本だった。ちょっとトラウマになるかもしれんが強烈な印象を残した…

パーシヴァル・ワイルド 検死審問ふたたび

検死審問ふたたび (創元推理文庫) 傑作ユーモアミステリ『検死審問―インクエスト』の続編。前作は展開の鮮やかさ、語りの上手さ、軽妙なユーモアと魅力たっぷりの小気味いい作品だったけど、続編も期待に違わず素晴らしかった。特にユーモアに関しては前作を…

カレル・チャペック イギリスだより / フランシス・アイルズ 殺意

イギリスだより―カレル・チャペック旅行記コレクション (ちくま文庫) 初チャペックが旅行記というのもどうなんだろうとちょっと思ったけど、おもしろかったので問題なし。ユーモアと愛情(そして皮肉)が詰め込まれた愛すべき作品。ロンドンや都市部について…

イーヴリン・ウォー 大転落

大転落 (岩波文庫) 初イーヴリン・ウォー。ごく基礎的な英文学史でも名前の上がってくる作家だと思いますが、なんか古典的というイメージがあって「読むものなくなったら読んでみてもいいかも」候補にいれていた。つまり九割方読まないであろう候補ですね。…

ケイト・アトキンソン 世界が終わるわけではなく / カルロス・ルイス・サフォン 天使のゲーム 上・下

世界が終わるわけではなく (海外文学セレクション) ギリシャ神話やポップカルチャーを下地に、人生の生々しさや苦さが織り交ざるシュールでふわふわした短編たち。ケリー・リンクやケヴィン・ブロックマイヤーと似た系統の作品ですね。読み終わってみると、…

キース・ロバーツ パヴァーヌ

パヴァーヌ (ちくま文庫) エリザベス1世の暗殺により、ローマ・カトリックの支配下に置かれたイギリス。教会により科学が弾圧され異端審問がいまだ続く中、反乱の動きが起こる。 手に汗握るサスペンスフルなスチームパンクSF…かと思いきや意外に渋い。このあ…

アガサ・クリスティ 五匹の子豚

五匹の子豚 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫) 才能ある画家だった夫を毒殺し獄中死した妻。誰が見ても有罪間違いなしの事件だったが、16年後、ポアロのもとに彼らの娘が訪れて母の無罪を明らかにしてほしいと依頼する。当時の関係者5人の証言と手記からポア…

W.B.イエイツ ケルトの薄明

ケルトの薄明 (ちくま文庫) イエイツが集めたケルトの伝承などを、イエイツ自身が書き記したもの。完全なフィクションではなく、実際に起こったと言われている不思議な話(もしくはそれを語り継いだもの)といったものが多くおさめられている。そのせいか、…

ジュール・シュペルヴィエル 海の上の少女

海の上の少女―シュペルヴィエル短篇選 (大人の本棚) 不思議な光をたたえるシュペルヴィエルの短篇集。強いて言うなら童話に近い雰囲気の作品が多いが、その喪失感とさみしさは透明ではあるものの子どもが読むにはほろ苦い。 シュペルヴィエルは二つの祖国、…

エドワード・ケアリー 望楼館追想

望楼館追想 (文春文庫) 社会からはみだした、奇妙な人々ばかりがすむ「望楼館」。そこに新たな住人がやってきたことで、望楼館に変化が起こっていくが…。 タイトルと皆川博子解説に惹かれて借りてみたものの、辛い読書だった…。簡単にあらすじを書くとなんか…

一言感想まとめ

アンナ・カヴァン 『アサイラム・ピース』アサイラム・ピース カフカを思わせる不条理と不安、寄る辺のなさ。悲鳴になる一歩手前の、それでも抑えながら語る声を美しいといっていいものかどうか。装丁は文句無しに美しいが。カフカにはユーモアのクッション…

一言感想まとめ

小沼丹 『黒いハンカチ』黒いハンカチ (創元推理文庫) 若い女学校の教師ニシ・アズマがその観察眼と機転で小事件を解決するミステリ短篇集。上品な茶目っ気と静謐さをゆるゆると楽しむ。ミステリというよりも小沼丹の語りの魅力を目当てに買ったのだが、ミス…

ジーン・ウルフ デス博士の島その他の物語

デス博士の島その他の物語 (未来の文学) ウルフの作品は、丁寧に読み込むおもしろさはもちろん、素朴な読みでも充分以上におもしろいのがすばらしい。「ケルベロス第五の首」を読んだ時にも唸らされたが、この「デス博士の島その他の物語」もおもしろかった…

一言感想まとめ

ショーン・タン 『アライバル』アライバル 読了日:1/27字のないモノクロの絵本。ひとり異国に移住してきたお父さんが少しずつ異文化に溶けこみ生活していく様子を描く。異国の描写がわくわくする。 クラフトエヴィング商會 『らくだこぶ書房21世紀古書目…

一言感想まとめ

アントニイ・バークリー 『第二の銃声』第二の銃声 (創元推理) (創元推理文庫) 読了日:1/3 これまたおもしろかった。色々とにやにや。郊外の邸宅で招かれていたお客さんたちの余興の最中に事件発生、という古き良き英国ミステリを楽しんでいたと思ったら終…

スタニスワフ・レム  泰平ヨンの航星日記〔改訳版〕

泰平ヨンの航星日記〔改訳版〕 (ハヤカワ文庫 SF レ 1-11) 読了日:2/11 宇宙を飛び回る泰平ヨンが巻き込まれたとかく珍妙なできごとをつづった日記、という体裁のユーモアSF連作短編集。レムはソラリスしか読んだことがなかったので、ユーモアSFといっても…

一言感想まとめ

まとまった感想を書くタイミングを逃してしまった本たちの一言感想。面白くなかったわけでは全くなく、むしろ面白かった作品ほど感想書くのに困ることがある… 妖魔の森の家 (創元推理文庫―カー短編全集 (118‐2))読了日:12/6評判の高い表題作は、カーらしい…

ジャック・ルーボー 麗しのオルタンス

麗しのオルタンス (創元推理文庫) 読了日:2/7 平和な街に突如起きた奇妙な連続金物屋襲撃事件と、麗しきヒロインオルタンスと謎の青年の恋の行方…が一応あらすじではあるものの、ストーリーよりもその珍妙な語りを楽しむ小説。事件は起こってるものの解決に…

ロバート・チャールズ・ウィルスン ペルセウス座流星群 (ファインダーズ古書店より)

ペルセウス座流星群 (ファインダーズ古書店より) (創元SF文庫) 読了日:1/10 ひと月前に読んだ本なので早くも記憶がぼんやり…。確か幻想好きにもおすすめのSF短篇集、ということで買ったのだが幻想好きというか怪奇好きにおすすめのSFだった。結構ホラーちっ…

クリスティーナ・メルドラム マッドアップル

マッドアップル (創元推理文庫) 読了日:1/31 母を毒殺し、その後引き取られた伯母の家で伯母といとこにも同じ毒を飲ませ家に火を放ったという疑いをかけられた少女アスラウグ。異様な事件の真相とは。 処女降誕、魔女的な薬草・毒草についての知識、古代の…

ルイジ・ピランデッロ 月を見つけたチャウラ

月を見つけたチャウラ: ピランデッロ短篇集 (光文社古典新訳文庫) 読了日:12/1 「突然訪れる人生の真実の瞬間を、時に苦々しく時にユーモラスに描く短篇集」と紹介されているが、私にとってはかなり苦く、不安をかきたてられる本だった。どれも短い話で幻想…

ヘレン・マクロイ 幽霊の2/3

幽霊の2/3 (創元推理文庫) 読了日:1/14 出版社社長宅で開かれたパーティで、幽霊の2/3というゲームをしている最中に人気作家が毒殺される。そのパーティに偶然出席していた精神科医が捜査を始めると、殺害された作家の謎が浮かび上がってきた… ヘレン・マク…

ジョナサン・キャロル 死者の書

死者の書 (創元推理文庫) 読了日:1/13 とある児童作家に惚れ込んだ主人公が、その伝記を書くためにその作家が晩年を過ごした田舎町を訪れる。しかしその町はどこかおかしかった…というダークファンタジー。主人公はなかなかにひどいやつだし性描写がやけに…

ジョン・ダニング 死の蔵書

死の蔵書 (ハヤカワ・ミステリ文庫) 内容(「BOOK」データベースより) 十セントの古本の山から、数百ドルの値打ちの本を探しだす―そんな腕利きの“古本掘出し屋”が何者かに殺された。捜査に当たった刑事のクリフは、被害者の蔵書に莫大な価値があることを知…

ジェイムズ・サーバー 傍迷惑な人々:サーバー短篇集

傍迷惑な人々: サーバー短編集 (光文社古典新訳文庫) 内容(「BOOK」データベースより) 子どもの頃から不器用で、工作すれば傷だらけ、車は毎度エンストの「なんでも壊す男」。思わずくすりと笑わせるイラストを、作者自ら大真面目に分析する「本棚のうえの…

ボリス・ヴィアン 心臓抜き

心臓抜き (ハヤカワepi文庫) 内容(「BOOK」データベースより) 過去を持たず、空虚な存在として生まれた精神科医ジャックモール。その精神分析は、他者の欲望・願望を吸収して自己を満たすために施される…本書は、軽みとペシミズムが同居するいつもながらの…

マイ・シューヴァル , ペール・ヴァールー 笑う警官

笑う警官 (角川文庫 赤 520-2) 内容紹介 ベトナム反戦デモが荒れた夜、放置された一台のバスに現職刑事八人を含む死体が! 史上初の大量殺人事件に警視庁の殺人課は色めき立つ。アメリカ推理作家クラブ最優秀長編賞受賞の傑作。 読了日:11/8 おもしろかった…

J・G・バラード ヴァーミリオン・サンズ

本・雑誌ヴァーミリオン・サンズ (1980年) (海外SFノヴェルズ) 読了日:11/4 ヴァーミリオン・サンズと呼ばれる砂のリゾート地を舞台にした短篇集。かつては豪奢だったものの今はすたれかけてきたリゾートにただよう虚無感と、鮮やかだがどこか生気のない色…

エリス・パーカー・バトラー 通信教育探偵ファイロ・ガッブ

通信教育探偵ファイロ・ガッブ 内容(「BOOK」データベースより) 変装しても気づかれる、尾行をすればなぐられる。それでも僕は、ホームズみたいな名探偵なんだ。ホームズにあこがれ、「日の出探偵事務所」の探偵養成通信教育講座を受けて、立派な迷探偵に…

J・G・バラード 永遠へのパスポート

永遠へのパスポート (創元推理文庫 629-7) 読了日:10/22 気だるさと終末感、底の知れない、ある種不気味といってもいい人間心理を静かに描き出すバラードの短篇集。ニューウェーブSFはこの人と山野浩一しか読んだことないので、読むと仕事を辞めてなにかの…

カルロス・フエンテス 誕生日

誕生日 内容(「BOOK」データベースより) 過去でありながら、未来でもある混沌の現在―螺旋状の時間。家であり、町であり、一つの世界である場所―流転する空間。自分自身であり、同時に他の誰もである存在―互換しうる私。目眩めく迷宮の小説。『アウラ』をも…

テッド・チャン あなたの人生の物語

あなたの人生の物語 (ハヤカワ文庫SF) 内容(「BOOK」データベースより) 地球を訪れたエイリアンとのコンタクトを担当した言語学者ルイーズは、まったく異なる言語を理解するにつれ、驚くべき運命にまきこまれていく…ネビュラ賞を受賞した感動の表題作はじ…

レオ・ペルッツ 夜毎に石の橋の下で

夜毎に石の橋の下で 内容説明 1589年秋、プラハのユダヤ人街を恐るべき疫病が襲った。 墓場に現れた子供の霊は、この病は姦通の罪への神の怒りだと告げる。 これを聞いた高徳のラビは女たちを集め、罪を犯した者は懺悔せよと迫ったが、 名乗り出る者はなかっ…

オウィディウス 変身物語(上)

オウィディウス 変身物語〈上〉 (岩波文庫) 内容(「BOOK」データベースより) 古代ローマの天成の詩人オウィディウスが、ストーリーテラーとしての手腕を存分に発揮したこの作品には、「ナルキッソスとエコー」など変身を主要モチーフとする物語が大小あわ…