ゆうれい読書通信

幻想文学、ミステリ、SFなど

イーヴリン・ウォー ピンフォールドの試練

イーヴリン・ウォー ピンフォールドの試練 ピンフォールドの試練 (白水Uブックス) 近頃物忘れなどが多くなり様子がおかしい、というので転地療養のため船に乗った小説家ピンフォールド。しかしどうも無線の配線がおかしいらしく、その船のそこかしこで聞こえ…

ジュリアン・グラック アルゴールの城にて / エリック・ファーユ わたしは灯台守

ジュリアン・グラック アルゴールの城にてアルゴールの城にて (岩波文庫) 広大な森と海に囲まれたブルターニュの古城で、三人の男女が展開する無言のオペラ劇。饒舌な文章は比喩を重ね、読者を予感と表象の迷宮に落としこむ。なんとまあ濃密な…くらくらする…

エリザベス・ボウエン ボウエン幻想短篇集

エリザベス・ボウエン ボウエン幻想短篇集ボウエン幻想短篇集 アイルランド出身の作家、ボウエンの短篇のうち幻想味の強いものを集めた短篇集。ゴーストストーリーが多い。それも(雑なくくりで申し訳ないけれど)いわゆる怪奇系ゴーストというより心理系ゴ…

2014年読んだ本ベスト10

今年読んだ本のなかで特に強い印象をのこしたもの10冊。読んだ順で。一人一作しばり。まだ感想かいてないのはまたおいおい…。 ブルトン『シュルレアリスム宣言・溶ける魚』シュルレアリスム宣言・溶ける魚 (岩波文庫) ブリヨン『幻影の城館』幻影の城館 タブ…

ジェイムス・クリュス ロブスター岩礁の燈台

ジェイムス・クリュス ロブスター岩礁の燈台ロブスター岩礁の燈台 「風のうしろの幸せの島」を探している若い作家である僕は、帆布工房のハウケ・ジーヴァース親方が何か知っているかもしれないと聞き、親方のところへ毎日通って話を聞かせてもらうことにす…

マーヴィン・ピーク タイタス・グローン―ゴーメンガースト三部作 1   アレクサンダー・レルネット=ホレーニア 両シチリア連隊 

マーヴィン・ピーク タイタス・グローン―ゴーメンガースト三部作 1 タイタス・グローン―ゴーメンガースト三部作 1 (創元推理文庫 (534‐1)) ゴーメンガースト三部作その1。連綿と続くしきたりと石の重みに閉じ込められた異形の城、ゴーメンガースト。七十七…

トマス・フラナガン アデスタを吹く冷たい風 / アントニイ・バークリー 最上階の殺人

トマス・フラナガン アデスタを吹く冷たい風アデスタを吹く冷たい風 (ハヤカワ・ミステリ 646) 名作として名高い(らしい)ミステリ短篇集。らしいというのは私が寡聞にして今まで知らなかったからです。はい。 うち四編はアデスタという独裁が敷かれた小国…

ジョン・ディクスン・カー テニスコートの殺人

ジョン・ディクスン・カー テニスコートの殺人 テニスコートの殺人【新訳版】 (創元推理文庫) 雨上がりのテニスコートの真ん中に転がっていた若きプレイボーイの絞殺死体。周囲のぬかるんだ土の上には婚約者ブレンダの足跡しかついていなかったが、彼女は絶…

一言感想まとめ

池澤春菜 乙女の読書道乙女の読書道 翻訳SF、ファンタジーに特化したレビュー集。何というかこってりがっつりなセレクトですね。意外にジャンルかぶってるようでかぶってなかったため、未読の作品が多く勉強になった。ダイアナ・ウィン・ジョーンズとウッド…

ドン・ウィンズロウ 高く孤独な道を行け

ドン・ウィンズロウ 高く孤独な道を行け高く孤独な道を行け (創元推理文庫) 中国の寺に篭っていた探偵ニール・ケアリーは、父親に誘拐された子どもを連れ戻す任務のためにアメリカに舞い戻る。順調に居場所を割り出し子どもを奪還できるかと思われたが、作戦…

ピーター・ワッツ ブラインドサイト 上・下

ピーター・ワッツ ブラインドサイト ブラインドサイト〈上〉 (創元SF文庫) ブラインドサイト〈下〉 (創元SF文庫) ある日突然地球全体を包囲した何千個もの「ホタル」と呼ばれる探査機の親元を探るために派遣された調査船テーセウス。彼らはオールトの雲付近…

ディケンズ ディケンズ短篇集

ディケンズ ディケンズ短篇集 ディケンズ短篇集 (岩波文庫 赤 228-7) 初ディケンズ。人間心理への関心をベースに、素朴な怪奇風味、ミステリ要素、コミカルさを混ぜ込んだ短篇集。長い作品が苦手な自分としては長編には手を出しづらいのでまず短編から…。デ…

一言感想まとめ

ロバート・ファン・ヒューリック 東方の黄金東方の黄金 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ1804) ディー判事もの、時系列でいうと最初の事件。キャラの魅力はいうほど…だけどストーリー展開はこなれてるし、怪奇やら宗教やら陰謀やら盛りだくさんの割にさっくり…

マイケル・オンダーチェ 名もなき人たちのテーブル

マイケル・オンダーチェ 名もなき人たちのテーブル名もなき人たちのテーブル 11才の少年マイナは、客船オロンセイ号に乗り込みスリランカから英国へ向かう船旅に出る。オロンセイ号での彼の食卓は、キャッツテーブルと呼ばれる船長から一番遠い席であり、い…

アストリッド・リンドグレーン わたしたちの島で / ポール・ボウルズ モロッコ幻想物語

アストリッド・リンドグレーン わたしたちの島でわたしたちの島で (岩波少年文庫) 避暑地としてウミガラス島の古びた別荘を借りたメルケルソン一家と島の人々の過ごす日々を描いた児童文学。もともとテレビドラマの脚本として書かれたものだそうで、長編と連…

ヘンリー・ジェイムズ  ねじの回転 -心霊小説傑作選-

ヘンリー・ジェイムズ ねじの回転 -心霊小説傑作選- ねじの回転 -心霊小説傑作選- (創元SF文庫) 決して雇い主を煩わせない、という条件のもと田舎の館で兄妹の家庭教師の職を得た若い女性。子どもたちは天使のように愛らしかったが、館に出現する忌まわしい…

ジョン・スコルジー レッドスーツ

ジョン・スコルジー レッドスーツレッドスーツ (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) 新米のダール少尉は旗艦イントレピッド号に配属されるが、そこでは数人の上級士官を除いたクルーの死亡率が異常に高く、他の乗組員も新米達に何かを隠しているようだった。ダール…

ジョーン・G・ロビンソン 思い出のマーニー

ジョーン・G・ロビンソン 思い出のマーニー新訳 思い出のマーニー (角川文庫) 学校にうまくなじめないアンナは、養母のはからいで田舎の海辺で早めの夏休みを過ごすことになり、そこで湿地の大きな館に住む少女マーニーと出会う。少女の一夏の不思議な友情と…

一言感想まとめ

キャサリン・マンスフィールド マンスフィールド短篇集マンスフィールド短編集 (新潮文庫) みずみずしい文章と感性にゆらゆら揺れる。その揺らぎは時に幸せのさなかから死や絶望、容赦の無い現実へとも大きく振れ、ざくりと心をえぐっていく。逆もないわけで…

ジョン・ファウルズ 魔術師 上・下

ジョン・ファウルズ 魔術師 上・下 魔術師〈上〉 (河出文庫) 魔術師〈下〉 (河出文庫) 恋人アリスンから離れるためにギリシャの島で英語教師として就職したイギリス人青年ニコラス。謎の老人コンヒスやまるで過去から抜け出してきたような美女との出会いから…

ピエール・シニアック ウサギ料理は殺しの味 / リンジー・フェイ ゴッサムの神々 上・下

ピエール・シニアック ウサギ料理は殺しの味ウサギ料理は殺しの味 (創元推理文庫) 車の故障でしばらく田舎町に滞在することになった私立探偵事務所の職員シャンフィエ。そこではレストランのメニューにウサギ料理が載ると若い女が殺される、という奇怪な事件…

テリー・ホワイト 真夜中の相棒

テリー・ホワイト 真夜中の相棒真夜中の相棒〈新装版〉 (文春文庫) ベトナム戦争での出来事をきっかけに共に生きるようになったジョニーとマック。借金を重ね否応なく殺し屋となった彼らは、とある手違いで刑事を殺してしまい、被害者の相棒の刑事に追われる…

フラン・オブライエン 第三の警官

フラン・オブライエン 第三の警官 第三の警官 (白水Uブックス/海外小説 永遠の本棚) 出版資金のために使用人と共謀して、とある金持ちの老人を殺した僕。隠した金庫を取りにその老人の家にもう一度忍び込んだところ、老人の亡霊に出くわし、そしていつの間に…

スティーヴ・ホッケンスミス 荒野のホームズ / 荒野のホームズ、西へ行く

スティーヴ・ホッケンスミス 荒野のホームズ荒野のホームズ (ハヤカワ・ポケット・ミステリ1814) 観察眼と推理力にすぐれ、ホームズを敬愛している無口な兄(この世界ではホームズは実在の人物になってる)と、しゃべり上手でちょっとお調子者の弟。洪水のた…

アントニイ・バークリー レイトン・コートの謎 / エドマンド・クリスピン 愛は血を流して横たわる

アントニイ・バークリー レイトン・コートの謎レイトン・コートの謎 世界探偵小説全集 36 レイトン・コートの主人スタンワース氏が書斎で額を撃ち抜かれて亡くなっているのが発見された。書斎は密室状態であったのと、彼がリボルバーを手にしていたことから…

ヘレン・マクロイ 小鬼の市 / マイクル・イネス ハムレット復讐せよ

ヘレン・マクロイ 小鬼の市 小鬼の市 (創元推理文庫) カリブの島国に駐在していたアメリカの新聞記者の死亡後、その業務を引き継いだフィリップ・スターク。前任者の死亡は単なる事故と見なされていたが、そうではなかった。前任者が遺したスクープの手がか…

桑原 弘明 Scope / 桑原 弘明,巖谷 國士  スコープ少年の不思議な旅

桑原 弘明 ScopeScope 巖谷 國士 , 桑原 弘明 スコープ少年の不思議な旅スコープ少年の不思議な旅 掌にのる小さな金属製の箱。取り付けられている筒から中を覗くと、そこには小さな部屋が、庭が、世界が広がっている。桑原弘明の手による、このスコープとい…

一言感想まとめ

セシル=デイ・ルイス オタバリの少年探偵たち オタバリの少年探偵たち (岩波少年文庫) 第二次世界大戦直後のイギリス、空き地で二組に分かれて戦争ごっこをしていた少年たち。彼らが仲間内の一人のためにかせいだお金が忽然と消え失せ、嫌疑が片方のグループ…

魅力的な泥棒たち

最近泥棒ものを続けて読んだので。探偵以上にキャラクタの魅力が必要とされるジャンルだろうなぁ。 ローレンス・ブロック 泥棒は選べない 泥棒は選べない 小粋でスマートな泥棒紳士バーニィが依頼を受けて盗みに入った部屋では殺人事件が起こっていた。容疑…

佐藤 亜紀  鏡の影

佐藤亜紀 鏡の影鏡の影 (講談社文庫) 世界を変える一点を探すため、旅に出た異端の学僧ヨハネス。俗物ばかりの世界を転がり落ちていくうち、自身も堕落し、とある美少女に惚れたのをきっかけにシュピーゲルグランツと名乗る美しい悪魔と契約を交わしてしまう…