読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆうれい読書通信

幻想文学、ミステリ、SFなど

ジェイクをさがして

内容紹介
ロンドンは、どこからともなく出現した謎の存在“イマーゴ”に幾度となく蹂躙され、無秩序状態に陥っていた。わずかに残った数千人の市民は、レジスタンスを組織し抵抗運動を続けていたが、容赦ない攻撃を繰り返すイマーゴの前になすすべもなかった……。グロテスクなイメージに彩られたローカス賞受賞の傑作「鏡」、世界の終焉を迎えつつあるロンドンを彷徨う男を描いた表題作ほか、英国SF界の旗手によるラディカル・ストーリイ全14篇を収録。



初チャイナ・ミエヴィル。ホラー、ファンタジー、SFが混ざってる感じの短篇集。私はあまりクトゥルー知らんのだけどクトゥルー要素も多いみたい。オチをはっきりつけないが、アイデアはおもしろい。作品にエネルギーを注ぎ込んでる感が好ましくもありやや疲れるところでもあり。
 「ジェイクをさがして」「細部に宿るもの」「もうひとつの空」の怖さ、不安感が好み。「鏡」もよくわからんながら引きこまれた。異界への恐怖ネタ多いな。ふとした瞬間現実にねじれこんでくる得体のしれない存在たちへの恐怖。この中では軽快な「ロンドンにおける~」「ある医学百科辞典の~」「あの季節がやってきた」も好き。

「ジェイクをさがして」「基礎」「ボールルーム」「ロンドンにおける“ある出来事”の報告」「使い魔」「ある医学百科事典の一項目」「細部に宿るもの」「仲介者」「もうひとつの空」「飢餓の終わり」「あの季節がやってきた」「ジャック」「鏡」「前線へ向かう道」