読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆうれい読書通信

幻想文学、ミステリ、SFなど

ベニシアのハーブ便り

感想 趣味本


内容紹介
【 英国貴族の生活を離れて、日本の田舎でハーブ・ライフ オリジナル・レシピ110 】
貴族の生活を捨て、自分にとっての幸せを追い求めてきたベニシアさんが、ハーブのある田舎暮らしを提案。

約30年前にイギリスの貴族社会を飛び出してきた著者は、今京都・大原の豊かな自然の中にある築100年の古民家に暮らしています。
家のまわりには、幼い頃から憧れていたコテージガーデンを造り、200種類以上のハーブを育て、手作りライフを楽しんでいます。
自ら育てたハーブを使って作るのは、料理からスキンケア、石けん、防虫剤、風邪薬など、生活に必要なありとあらゆるもの。
本書は、著者が自分のオリジナル・レシピ約110点を初めて公開し一冊の本にまとめたものです。
そして、大原での暮らしと四季折々の美しい風景写真を紹介し、田舎暮らしの楽しみや、イギリスの屋敷で暮らしていた日々の想い出をエッセイに綴りました。

「誰でも一度は、おとぎ話に出てくるようなお城に住み、凛々しく勇敢な王子様に出会うことを夢見るでしょう。
私は、幼い頃からこの屋敷に住んでいたけれど、心が満たされることはありませんでした。
私を幸せにしてくれるのは、王子様と結婚し大きなお城に住むことなのか。それとも、別の生き方があるのでしょうか。
答えを見つけ出すために、ある日私は旅に出ました。」


 京都大原でハーブを生活に取り入れながら暮らす筆者のエッセイ集、レシピ付き写真付きハーブの育て方付きといった感じの本。特に写真が綺麗。こんな暮らしいいよねぇ、と思いつつもレシピは材料がなかったり手が掛かりそうだったりで多分活用しない…実用というより読み物として楽しんだ。
 もともとイギリス貴族出身の方ということで子供時代の話に目をむいた。執事付きのお屋敷って今でも存在するん…?お部屋が100室以上あるお屋敷って一体どれくらいの広さなんですか。俗物の自分にはぱっと見羨ましい限りですけど、筆者はその生活が合わなくて日本に飛び出してきたとか。人生様々だなぁ。