読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆうれい読書通信

幻想文学、ミステリ、SFなど

バチカン奇跡調査官 血と薔薇と十字架

感想 国内 ミステリ


内容(「BOOK」データベースより)
英国での奇跡調査からの帰り、ホールデングスという田舎町に滞在することになった平賀とロベルト。ファイロン公爵領であるその町には、黒髪に赤い瞳の、美貌の吸血鬼の噂が流れていた。実際にロベルトは、血を吸われて死んだ女性が息を吹き返した現場に遭遇する。屍体は伝説通り、吸血鬼となって蘇ったのか。さらに町では、吸血鬼に襲われた人間が次々と現れて…!?『屍者の王』の謎に2人が挑む、天才神父コンビの事件簿、第5弾。


 今回は正式に依頼された奇跡調査ではなく巻き込まれ型。ちょっと外伝的な。というわけでテーマはあくまで吸血鬼事件の謎であり、信仰うんたらがない分いつもより軽めに読める。謎解きも、いくらなんでもとんでもだった前回に比べ軌道修正され、当シリーズ比でちょっと地に足ついたまとまった感じの巻だと思う。あくまでも当シリーズ比で。ただこのシリーズには斜め上のとんでもを期待している自分もいたりする。
 吸血鬼についてのうんちくは楽しかった。もともとは西欧の方で吸血鬼信仰が強かったというのを聞いてへーっと思ったり。ケルトの話も絡んできてにやにや。
 お二人さんの仲良しぶりはいつもよりは控えめだが、そのかわりなのか何なのか妙な角度からねじこまれる耽美色にはちょっとわらった。チャールズさんのあの設定は一体何だったのか…
 なんだかんだいってオカルト!ゴシック!な雰囲気好きだし続きを楽しみにしてるシリーズ。