読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆうれい読書通信

幻想文学、ミステリ、SFなど

一言感想まとめ

感想 国内 幻想 新書


西崎憲 世界の果ての庭


 幾つかの物語の断片が交互に描かれ、ゆるやかにつながり、しかし収束はしない。幾つものルーム(区画)が連なる庭を逍遥する心地。虚実も時空も宙ぶらりんな中を漂う快楽は何だか癖になる。



荒俣宏の裏・世界遺産2 イギリス魔界紀行 ――妖精と魔女の故郷へ


 テレビ番組取材時の旅行記のため、オカルト色強めの世界ふしぎ発見といったテイスト。レイラインストーンヘンジケルト、ミステリーサークル、妖精、魔女、幽霊、と盛りだくさんだが、後半のテーマはやや駆け足な印象も。レイラインストーンヘンジあたりに的を絞って書いて欲しかったなぁ。




中島義道 非社交的社交性 大人になるということ


 第二部の奇人列伝の印象が強すぎて第一部の内容が思い出せない…。若者の奇行エピソードの羅列だけで終わるんでは、と途中焦りかけたものの、その行動背景の分析は簡潔ながら身につまされるものでありました。