読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆうれい読書通信

幻想文学、ミステリ、SFなど

ディケンズ ディケンズ短篇集

感想 海外 怪奇

ディケンズ ディケンズ短篇集



 
 初ディケンズ。人間心理への関心をベースに、素朴な怪奇風味、ミステリ要素、コミカルさを混ぜ込んだ短篇集。長い作品が苦手な自分としては長編には手を出しづらいのでまず短編から…。ディケンズというとどうしてもハートフルなイメージが強いのもあって敬遠してたんだけど、この短篇集は意外に怪奇風の作品が多くてとっつきやすい。いい意味で古典らしい風格と強靭さがある一方、時に型に収まりきらない展開を見せる。自在な緩急を見せる文章の伸びやかさもいい。たとえ話の筋としてはよくありそうなものでも、この作品はディケンズにしか書けないだろうな、と思わせられる。
  個人的に好きなのは比較的ユーモア成分多めな「グロッグツヴィッヒの男爵」「子守女の話」あたり。「子守女の話」は怖い話でもあるはずなのに、色々と突っ込みどころがあるというか、ちょっとふわっとした奇妙な味わいが好き。怪奇短篇の名作として有名な「信号手」は、その構造の美しさ、文章の無駄のなさ、これぞ短編小説の快楽といったところ。


墓掘り男をさらった鬼の話,旅商人の話,奇妙な依頼人の話,狂人の手記,グロッグツヴィッヒの男爵,チャールズ二世の時代に獄中で発見された告白書,ある自虐者の物語,追いつめられて,子守り女の話,信号手,ジョージ・シルヴァーマンの釈明