読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆうれい読書通信

幻想文学、ミステリ、SFなど

ジョン・ディクスン・カー テニスコートの殺人

感想 海外 ミステリ


ジョン・ディクスン・カー テニスコートの殺人





 雨上がりのテニスコートの真ん中に転がっていた若きプレイボーイの絞殺死体。周囲のぬかるんだ土の上には婚約者ブレンダの足跡しかついていなかったが、彼女は絶対に殺人をしていないという…。
 フェル博士ものだけど、博士は終盤まで遠景の影でしかなく、主役はブレンダと彼女に惚れ込んでいる青年弁護士ヒュー。窮地に陥ったブレンダの咄嗟の嘘をヒューがフォローしつつ警察の尋問をかいくぐる様はサスペンスフル。さらには二人の予想もしない第三者の介入も発覚してきて、緊迫した雰囲気は次第に喜劇の様相も呈してくる。この辺はぐいぐい読ませます。おもしろい。オカルト色もなく、状況もわかりやすく、カーにしてはとても読みやすい作品。新訳のおかげもあるだろうな。個人的にはオカルト色はあってもよかったけど!まぁテニスコート舞台にオカルト盛り込んでもギャグにしかならなさそうだししかたない…。しかしオカルトがないだけで異色作って言われちゃうカーさんが好きです。
 探偵役フェル博士の出番は最後の謎解きくらいのものだけど、ちょっとした言動に博士のキャラクターがよく出てて微笑ましい。メイントリックについては巷のレビューを見て覚悟してたほどあれではなかった。むしろあれ伏線だったのかとちょっと感心した。2つ目のはあれだったけどまぁ本人も反省してたようなので。